大江戸キムケン物語
〜そして伝説が生まれた〜




今回の主役、キムケン氏。
いつだって、ハイテンションだ。












キムケン氏とぼくらは、第十五回庚申講の催しとして、
お台場にある「大江戸温泉物語」に向かった。












大江戸温泉への到着を待ちわびるキムケン氏



まちわびるキムケン氏。
「ちょい進むん遅いんちゃうか」


お台場到着!



大江戸温泉前で記念撮影。
テンション最高潮!


「よし、ほな入ろか」
「いや、キムケンさんココたぶん風呂と違いますて」
ボケもいつになく鋭い。


大江戸温泉に入館。
くつろぐキムケン氏。


くつろぎまくるキムケン氏。


くつろぎつくすキムケン氏。


「ほなそろそろ風呂入ろか」
「いや、オレええわ。あとにする」
「なんでやねん。入ろうや」
「いや、いま入ったら確実に吐く


撃沈。













そして翌朝、8:30。
閉館まぎわの大江戸温泉内に、
退去をせかすアナウンスが流れる。






「堂守、オレ大江戸温泉でさぁ」
「うん」
風呂入られへんかった
「マジかよ!」
「うん。寝過ごしてもうた」
「いまから急いで入って来ぃや」
「あかん、なんかもう閉まってて掃除しとんねん」


「悔しいからせめて顔だけでも洗とくわ」


「オレかなり楽しみにしててんけどなぁ」


「このために大阪出張からとんぼがえりしてんけどなぁ」


「ここ入るだけで3400円も払ろたのになぁ」


「しかもメガネどっかなくしてもうてるし」


「あのさぁ、堂守」
「うん?」
「とりあえず風呂どんなんやったか、あとで教えて。
  職場のみんなに報告せなあかんから」
「うん。わかった(泣)」












(退館後)

「ぼくらこのまま直接会社行くけど、キムどうする?」

「 いや、オレいったん家帰るわ。とりあえず家でシャワー浴びたい










おしまい。